学ぶ。未来の自分のために

お知らせ

合格体験記

志望校合格を果たした塾生の合格体験記をご紹介します。

E判定からの大逆転!
最後まであきらめない気持ちと3年間、週に5日、塾に通った努力が実を結んだ

川田君 香川大学医学部前期合格

2021年2月22日より本田塾丸亀校オープン

本田塾丸亀校

所在地・住所

香川県丸亀市大手町3丁目5番18号 セントラル丸亀ビル2階

丸亀校の春期講習・中学準備講座のご案内

春期講習・中学準備講座のご案内

新中1生の皆さん・保護者様へ

丸亀校の中学準備講座

特典 中学準備講座を御受講後入塾される方は
入塾金・春期講習費受講料全額免除

小学生・中学生・高校生の皆さん・保護者様へ

丸亀校の春期講習

特典 春期講習御受講後、入塾された方は
入塾金無料、教材費無料

善通寺校の春期講習・中学準備講座のご案内

春期講習・中学準備講座のご案内

新中1生の皆さん・保護者様へ

中学準備講座

特典 中学準備講座を御受講後入塾される方は
入塾金・春期講習費受講料全額免除

小学生・中学生・高校生の皆さん・保護者様へ

春期講習

特典 春期講習御受講後、入塾された方は
入塾金無料、教材費無料

新年度進級説明会について

第1回進級説明会

新中学1年生
2月13日(土) 19:00~20:00
新中学2年生
2月20日(土) 19:00~20:00
新中学3年生
2月20日(土) 20:15~21:15

第2回進級説明会

新中学1年生
3月20日(土) 13:00~14:00
新中学2年生
3月20日(土) 14:30~15:30
新中学3年生
3月20日(土) 16:00~17:00
新小学1~6年生
3月20日(土) 17:30~18:30
新高校1年生
3月21日(日) 19:00~20:00
新高校2・3年生
3月13日(土) 19:00~20:00
3月13日(土) 20:15~20:15

新小1~新小6生の皆様・保護者様へ

昨年度より「外国語活動」から教科「英語」に
英語を学ぶ時間が大幅に増えました

「学習指導要領」は約10年ごとに改定されていますが、2020年度より新学習指導要領に基づいた新しい教科書に切り替わりました。英語も昨年、正式に教科になりました。一昨年まで小学校での英語は小5・6で行う「外国語活動」のみでしたが昨年度より「外国語活動」は小3・4に繰り下げられ、小5・6では「外国語」を正式教科として学んでいます。これによって小学校の英語に関わる学習時間は従来の学習指導要領の70時間→210時間と大幅に増えています。ただし、急激な変化を緩和し中学校とのスムーズな接続を図るために2018~2019年にかけて文部科学省が発行した「We Can!」を使った移行措置が行われましたこうしたこともあり、こうしたこともありこどもたちが現時点で受けている学習指導の内容には在籍している小学校によってばらつきが生じています。

小学校で学ぶ英語の学年別授業時間数

2020年度の学年 授業時数
小3次 小4次 小5次 小6次
中3     35 35 70
中2     35 50(70) 85(105)
中1     50(70) 50(70) 100(140)
小6   15(35) 50(70) 70 135(175)
小5 15(35) 15(35) 70 70 170(210)
小4 15(35) 35 70 70 190(210)
小3 35 35 70 70 210

黄枠は移行措置期間
(  )は先行実施の場合の授業時間数
赤い文字は新学習指導要領に基づいて行われる授業時間数

新高1~新高3生の皆様・保護者様へ

共通テストはセンターに比べ各教科語数が激増→国語力の強化が急務

センター試験が終わり、新高3生は大学入学共通テスト2年目の受験生となります。今回の共通テストでは英語の民間試験導入、数学・国語での記述式問題見送りとなりました。中にはそれじゃあセンター試験と何ら変わらないじゃないかと誤解されている方もいらっしゃるかもしれませんので少し説明させていただきますと
英語の第1問~第6問までの全問題の総語数は
1992年度センター試験2620語→2019年センター試験4015語→共通テスト試行問題5326語
となり語数一つとってみても大幅に増加しています。設問がすべて英語です。発音アクセント問題が消滅しています。筆記:リスニングが200:50→100:100に変化しています。
ちなみに国語の第1問評論文の総字数は
1997年度センター試験約4200語→2018年センター試験約8300語→共通テスト試行問題約9960語
数学の第3問確率の総字数は
1992年度センター試験約350語→2018年センター試験約500語→共通テスト試行問題約1000語
となっています。これらを踏まえて言えることは国語力のない人はこのような長文問題を読むのは困難であるということです。

新中1生の皆様・保護者様へ

本年度より教科書が大きく変わります

本年度中学生になる新中1生(現小6生)の皆様・保護者様、4月から中学に入学し中学生活に夢や希望を抱いていることだと思います。中学生活を充実したものにするため、勉強をしっかりやって中学の勉強についていけるよう頑張らなければなりません。昨年度小学校の教科書が大きく変わりましたが、本年度(2021年度)から中学校の教科書も変わり、難易度が大きく上がります。すべての教科で「思考力・判断力・表現力」が身につくように工夫されていますが、特に大きく変わるのは英語です。左の表を見てください。
中学校までに習う単語の数は倍から倍以上になります。増えるのは単語数だけではありません。これまで高校で学習していた内容の一部(現在完了進行形や仮定法、原形不定詞など)が中学校におりてきます。扱う単語数や文法が増えることから、英語学習全体がボリュームアップするのでかなり注意が必要です。

小学校~高校で扱う単語数の変化

  これまで 新学習指導要領
小学校 - 600~700語
中学校 1200語程度 1600~1800語
高校 1800語程度 1800~2500語
合計 3000語程度 4000~5000語

新中2生の皆様・保護者様へ

初めての「学習の診断」目前でするべきこと

新中2生(現中1生)は2月12日(金)中学生活初めての「学習の診断」があります。
「学習の診断」とは5教科各50点の合計250点で高校入試と同じ配点で各学年の4月から1月までに学習した内容から出題されるテストで県下一斉に同じ問題で行われます。入試と同じ配点なので現時点での志望校に向かう立ち位置を診断してくれるテストであり、また9か月分の範囲ということで定期テストのように一夜漬けが効かず、正に各学年の実力テストとも言えます。どこから手を付けていいかわからないほど範囲が広いので一番の対策は過去問演習だといえるでしょう。特に理科や社会は分野別の学習がしやすく英数のように土台となる基礎がなくても取り組みやすい教科です。塾に通っていない人は過去問が手に入りにくい現状から考えても塾で過去問演習をする人にアドバンテージがある感は否めません。
過去問をお持ちでない人は理社の1問1答形式の問題集などでしっかり基礎を固めましょう。「学習の診断」で志望校のボーダーを超え、本年度をうまく締めくくり、4月からの2年生のスタートにつなげましょう。

新中3生の皆様・保護者様へ

中3の「第1回学習の診断」は中1の範囲

新中3生(現中2生)の皆様は目前の中2の「学習の診断」に向けて頑張っていることだと思います。まずはここで1年生のときの「学習の診断」以上の結果は出したいものです。さて皆様はこの4月からは受験生となって1年間目標とする高校進学を目指して頑張っていかなければなりません。部活動も最終学年になって7~8月で引退し、受験に専念しなくてはなりません。1年間の長丁場ですが受験勉強は計画的に進めていく必要があります。
3年生の「学習の診断」は1年生とは違って年間7回あります。まず6月に「第1回学習の診断」がありますが、これは出題範囲が中1の範囲を中心とした範囲になっています。中1の範囲は内容が易しいため、範囲が広いように見えてそんなに広くはありません。ここでしっかり準備をし、基礎固めをします。範囲が広くないといっても第1学期中間テストが終わってから診断まで2週間ほどしかないので中間テストが終わってからやったのでは間に合いません。
本田塾では春期講習で診断を一巡するとともに、中間までの期間をうまく使い、学校の先取りを進めながら学習の診断に対する準備も計画的にやっていきます。
「学習の診断」と中間テストの両方で結果を出せるプログラムをご提案させていただきますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

中1生の皆様・保護者様へ

中1生に押し寄せる移行措置の波

新学習指導要領の英語では、「高校卒業時までの英語力の引き上げ」を実施するために、様々な工夫がされています。従来と同様な英語学習を中1生からスタートさせていたのでは間に合わないので、そのスタートを小学校の中学年に早めています。

増えるのは単語数だけではありません。
これまで高校で学習していた内容の一部(現在完了進行形や仮定法、原形不定詞など)が中学校におりてくるなど、中学校でも変更があります。扱う単語数や文法が増えることから、英語学習全体がボリュームアップすることが分かります。これまでの英語の学習指導要領は「読む・聞く・話す・書く」の4技能で構成されていましたが、新学習指導要領では「話す」が「やり取り」と「発表」に分けられています。「話す」技能が2つに分かれているのは、それぞれの特性が違うからです。
複数の人が話す「やり取り」と一人が話し続ける「発表」では、話す場面が異なります。

小学校ではこの「場面」を明確にして学習しています。実用的な英語を、小学校から中学校、高校まで段階的、統合的に身に着けるという目的がある一方で移行措置に当たる2020年度の新中1生は、学種指導要領において小学校の4年間で習熟するカリキュラムを1年間しか学習していない状態で中学校へ進学しています。もちろん移行措置を踏まえて授業は行われますが、注意が必要であることは間違いないでしょう。
成績でお悩みの方はぜひ無料体験授業をお試しください。

中2生の皆様・保護者様へ

「学習の診断」で志望校ボーダーライン越えを

来年2月12日(金)中学生活2回目の学習の診断があります。中1生の時はどういうものかもわからずにきちんとした準備もせずに臨み、思うような点が取れなかった人も多かったことでしょう。

「学習の診断」はご存じの通り、5教科各50点の合計250点で高校入試と同じ配点で各学年の4月から1月までに学習した内容から出題されるテストで、県下一斉に同じ問題で行われます。(英語は教科書別に選択問題あり)入試と同じ配点なので現時点での志望校に向かう立ち位置を診断してくれるテストであり、また9か月分の範囲ということで定期テストのように一夜漬けが効かず、まさに各学年の実力テストとも言えます。どこから手を付けていいかわからないほど範囲が広いので一番の対策は過去問演習だといえるでしょう。特に理科や社会は分野別の学習がしやすく英数のように土台となる基礎がなくても取り組みやすい教科です。

塾に通っていない人は過去問が手に入りにくい現状から考えても塾で過去問演習をする人にアドバンテージがある感は否めません。本田塾では2学期期末テストが終わった直後から「学習の診断」対策が始まります。理社の一問一答など基礎固めもしっかりやります。
中2の「学習の診断」で志望校のボーダーを超え、受験生となる来年のいいスタートを切りましょう。

中3生の皆様・保護者様へ

「第5回学習の診断」で志望校決定

来年1月5日(火)に「第5回学習の診断」が実施されます。この後の「学習の診断」は総合第1回と総合第2回がありますが、総合第1回は志願変更のため、総合第2回は入試の予行演習の位置づけと考えると実質「第5回学習の診断」が志望校判定のテストであることは間違いありません。冬休み中に行われ、素早く採点され、学級担任に志望校決定の意思確認をされます。

入試本番までに点数を上げればいいと考えている人もいるかもしれませんが、実質はこの「第5回学習の診断」でボーダーライン越えをしなければいけないのです。冬休み中でもあり、正月明けでもあるので意志の強い人と周りに左右される人で休み中の学習量は大きく開くでしょう。志望校決定の重要なテストですから相当な覚悟で臨まなくてはいけません。冬休みに入ってからでは遅すぎます。

本田塾では第2学期期末テスト直後から「第5回学習の診断」対策は始まっています。毎週土曜の「土曜理社特訓」では第5回学習の診断に頻出のテーマ別講義と演習・確認テストを行っています。
悔いの残らない受験をするために、今から学習の診断に向けてしっかり準備しましょう。

中間テスト・学習の診断

令和2年度2学期中間テスト結果

1学年 1,3,3,6位 塾平均 89.8点 塾平均学年順位 19.6位

2学年 6位 塾平均 91.9点 塾平均学年順位 21.1位

3学年 2,3,6,8位 塾平均 86.4点 塾平均学年順位 19.0位

令和2年度第2回学習の診断

3年生 2,3,6,10位 塾平均 172.7点 塾平均学年順位 20.0位

令和2年度第3回学習の診断

3年生 4,7 位 塾平均 179.9 点 塾平均学年順位 22.0位

成績優秀者・新規入塾者の声

新規入塾者の声

学校ではわからなかったところも丁寧に教えてくれるのでわかるようになりました。

紫和さん
2学期期末テスト西中17位(23位up) 国87 数82 社96 英91 理89 合計445点(21点up)

間違えた問題をとても丁寧に解説してくださり、わかりやすかったです。

山下君(中1生)
2学期中間テスト西中1位 国98 数98 社100 英100 理96 合計492点

本田塾はわからない所を一問一問解説してくれるのでとても分かりやすい上、気持ちよく勉強するための環境も整っています。

桑元君(中1生)
2学期中間テスト西中2位 国98 数99 社99 英97 理92 合計485点

過去問や理社の特別授業、テスト前の自習をしたことで、落ち着いてテストを受けることができました。

美崎さん(中1生)
2学期中間テスト西中3位 国94 数98 社94 英100 理96 合計482点

塾でわからない部分を繰り返し取り組むことでできました。

平田君(中1生)
2学期中間テスト東中6位 国90 数96 社95 英98 理99 合 計478点

よく聞くことと予習を続けるとさらに上を目指せると思います。

白川君(中1生)
2学期中間テスト西中26位 国85 数82 社85 英90 理81 合計423点
1学期期末375点 35位→(48点 9位up) 2学期期末423点26位

計画を立てて効率よくわかりやすく進めるため40位だった私が15位に上がりました。

山地さん(中1生)
2学期中間テスト西中 位 国96 数87 社94 英91 理84 合計452点
1学期期末350点 41位→(98点 26位up) 2学期期末452点15位

一つ一つ丁寧に教えてくれるので苦手教科の勉強から逃げなくなったと思います。おかげで、すごく伸び悩んでいた診断の数学の点数を15点近く上げることができました。

山下さん(中3生)
第3回学習の診断 国43 数42 社42 英44 理40 合計211点

一回一回の授業でわからない計算方法も覚えられない単語もすぐに覚えられ、勉強に対する見方が一気に変わりました。

瀬川君(中1生)
第2学期中間テスト西中11位 国97 数93 社96 英95 理90 合計471点

家ではダラダラしてしまう私でも塾では集中して受けられます。その結果私は期末テストで4番を取ることができました。

福田さん(中2生)
2学期中間テスト西中6位 国99 数93 社100 英97 理100 合計489点

本田塾では繰り返し解くので苦手な教科でもとても自信をもってテストに挑むことができました。

吉田さん(中2生)
2学期中間テスト西中12位 国99 数96 社98 英97 理92 合計482点

とても早くからテスト対策があってテスト対策を十分にできました。

山本さん(中2生)
2学期中間テスト西中13位 国99 数87 社100 英99 理96 合計481点

きちんと予習復習ができるようになり、勉強する時間が増え、テストでもうっかりミスが少なくなりました。

請川君(中2生)
2学期中間テスト西中14位 国95 国96 数93 社100 英95 理94 合計478点

英検対策

新テスト「大学入学共通テスト」に英検等の民間の試験がスコアとして導入されることは見送られ、今後3年間スコアとしては入らないことが決定しましたが現中学3年生の大学入試からは入ることが濃厚であり、また、大学入試の2次試験には積極的にスコア化する大学が増えつつあります。
本田塾では学習指導要領にも対応しており、英語4技能をバランスよく取り組める英検を推奨しており、先を見据えて小中高のすべての塾生に年間6回の英検対策講座を無料で御受講していただいております。

プログラミング

2020年度より小中高通じて必修化 2024年大学入試科目

本年度より、プログラミング教育が小学校・中学校・高等学校を通して必修化されています。2024年度には大学入試科目にも導入の計画で、大学入試もペーパーに書き込む形からCBT方式(マウスやキーボードを使ってコンピュータに入力する方式)に移行する予定です。AI開発で各国が競い合っている昨今の情勢を見てもわかる通り、プログラミングは今や「環境」になりつつあります。
安倍元総理がプログラミングは現代の「そろばん」、読み書きと同じレベルの必須の教育だと発言した通り、現代社会で必要不可欠の力になりつつあります。また、ソフトウエア産業の興隆を見てもわかる通り、情報リテラシーの差が貧富の差になりつつあるといっても過言ではないでしょう。
プログラミング教育は早期であるほど身につきやすく、また、小学校ではプログラミング教育の準備ができている学校とそうでない学校の格差が大きいように思われます。
本田塾ではSONYグローバルエデュケーションのプログラミング教材を使い昨年7月よりプログラミング教育をスタートし、好評を得ております。

本田塾コロナ対策

新型コロナウイルスの一般的な感染経路は飛沫感染、接触感染であり。空気感染は起きていないと考えられています。閉鎖空間において至近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみがなくとも感染を拡大させるリスクがあります。感染経路不明な感染者が増加する中、本田塾では新型コロナウイルスの対策を以下のとおり行い、塾から感染者を出さないよう細心の注意を払って継続していきたいと思っております。どうか、ご協力の程、よろしくお願いします。

  1. 通塾前に体温が37.5度以上ある人は通塾を控えてください
  2. 軽い風邪症状(のどの痛みだけ、咳だけ、発熱だけ)がある場合は通塾を控えてください。
  3. 塾生全員にマスク着用を義務とさせていただきます。マスクが十分に入手できないときは、ハンカチ、ガーゼ等を用いて作成した簡易のマスクの類似のものを着用してください。
  4. マスクをしていても咳エチケットを守っていただき、人の方を向いて咳をしないで下さい。守れない方は誠に申し訳ありませんが帰宅していただきます。咳エチケットは徹底します。咳くしゃみの飛沫が万一手についた場合はすぐに手を洗うよう塾では指導させていただきます。
  5. 座席は塾生間の距離が近いため、飛沫感染する恐れがあります。本田塾は私語がない塾ではありますが、隣の人と極力話さないようにお願いします。
  6. 下校時、友達と塾の駐車場やマルヨシセンターで至近距離で親しく会話する習慣があります。飛沫感染しないためにも、塾が終わり次第、帰宅させるようご協力お願いします。
  7. 接触感染は病原体が体内に侵入することで感染が成立します。病原体の付着した手で口、鼻、または目を触ることで病原体が体内に侵入します。また、傷のある皮膚からも侵入することもあります。感染源に直接触れることで伝播が起こる感染(握手など)と汚染された物を介して伝播が起こる間接接触による感染(ドアノブ、スイッチ、手すり、机、いす)があります。ドアノブ、スイッチ、手すり、机、いすは定期的に清拭します。塾生は教室入室時にアルコールまたは類似の消毒剤で手指消毒していただきます。
  8. 塾では1時間おきの換気を徹底します。
  9. 塾に来る時間を授業時間のみとさせていただきます。再テストは行いません。不合格にならないよう家でしっかり予習をし、不合格になったテストはしっかり家で復習をしてください。
  10. 緊急事態宣言の出された地域への移動はご遠慮ください。また、その地域や感染者が多い地域から来た人、帰ってきた人とは、極力接触しないようにご協力お願いします。そういう場所へ移動した人は通塾を御遠慮ください。

ご家庭で協力していただきたいこと

  1. 通塾前にお子様の体調をしっかり観察してください。上にも書きましたが、軽い風邪症状(のどの痛みだけ、咳だけ、発熱だけ)がある場合は通塾を控えてください。
  2. マスクを常時携帯、着用させてください。
  3. ご家庭でも咳エチケットを普段の生活の中からご指導よろしくお願いします。
  4. コロナウイルスは自分では移動しません。人が運びます。人との接触を極力減らせてください。
  5. 手洗いを徹底させてください。
  6. 手指などに傷がある場合は絆創膏などを張ってください。傷口からもウイルスは侵入します。
  7. 学校が休校中なので生活リズムが崩れがちになります。早寝、早起き、規則的な食事の時間を心掛けていただき、規則正しい生活習慣が送れるようご協力お願いします。
  8. 家でもできる体操(Webで検索してください。)などで体を動かし、体調管理をしっかりしてください。
  9. 塾の予習復習などはしっかりやるようご指導いただき、家庭での学習時間も確保できるようご協力お願いします。

小学部通年授業の曜日変更

令和3年3月22日より小学部通年授業が曜日変更します

小6
月・木 → 火・金
小5
火・金 → 月・木
小4
そのまま水・土

個別指導を開始いたしました

令和元年10月より本田塾でも個別指導を開始いたしました。

個別指導コースは保護者様、お子様と面談の上、お子様の目標に合わせて個別に綿密な学習計画を設計させていただき、目標達成に向けて指導させていただきます。

インスタグラム開設のお知らせ

インスタグラムのネームタグ画像

インスタグラム始めました。塾での授業風景やイベントなど写真や動画で見ることができます。
ただいま、プログラミング教室・One Day ガリレオキャンプ(実験教室)の様子がアップされています。

小学部

「自分で勉強できるようになること」を念頭において授業します。

中学部

分からないところは過去にさかのぼって、分かるまで真剣に向き合います。

高校部

各大学の受験に向けて、進路指導を責任もって行います。分からないところは過去にさかのぼって、分かるまで真剣に向き合います。

ローディング画像